母にはポップコーンどころの騒ぎじゃないんです。

ちょっと前から、ポップコーンが若者の間で人気みたいですね。

ポップコーンって言っても映画館で食べるようなものじゃなくって、もっと豪華な味が売れているみたいです。

アメリカからも、新しいお店が表参道とか原宿にどんどん出店しているみたいです。

ポップコーンごときで、なぜそんなに人気になるんだろうって思ってしまいますが、流行り物に飛びつく若者の性ってところなんでしょうか。

それにしても、やっぱり都内だけにしか新しいポップコーンのお店は出店しないみたいで、田舎じゃ無理だよなって思ってしまいます。

やっぱり不動の一番人気はキャラメル味みたいですが、それもしっかり豪華版になっているらしいですね。

あと、カップルで購入する人も結構多いみたいで、濃いブルーチーズ味のポップコーン味とかだと、ビールなどのお酒のつまみなんかにも合いそうです。

しかし、表参道をカップルで歩くのに、ポップコーンってかっこいいのかなぁ?って思ってしまったりもします。

まぁ話題のポップコーンだから、一度は食べてみたいですけどね。

それはそうと、私の母が更年期障害で悩んでいると今朝、電話がありました。

どうしたの?って聞いたら、頭がクラクラして目が回るから、病院に行ったら更年期障害だと診断されたそうです。

まだ、50代前半なのに、もう更年期障害になるんですね。

もしかして、女性の更年期障害は発症するのが早いのかも知れません。

それで、電話をもらって早速ネットで調べたら、白井田七が良いみたいなので、即効で注文して実家に送る手配をしました。

母にとっては、まさにポップコーンどころの騒ぎじゃないって感じですね。